個人再生手続きは司法書士に相談!【借金で首が回らない場合】

債務の減額に

男性

資産を持ったまま手続きを

お金を借りた際には返済しなければなりませんが、何らかの理由によって債務の返済が困難になってしまうという場合もあります。そういった場合に利用できる制度が債務整理です。債務整理にはいくつかの方法がありますが、その中でも資産を持ったまま債務の減額をすることが出来る便利な制度が個人再生です。債務整理には他にも自己破産などがありますが、自己破産は住宅や自動車などの資産も売却しなければならないのに対して、個人再生の場合には資産を持ったまま手続きが可能です。そのため、債務が帳消しになるわけではありませんが生活を大きく変化させることなく利用することが出来ます。個人再生の手続きを行なうのには専門的な知識が必要になることが多く、法律の専門家に依頼するのが一般的です。個人再生の手続きを依頼する場合には弁護士に依頼する方法と司法書士に依頼するという方法があります。司法書士に依頼する場合には弁護士に依頼するよりも費用が安くなる傾向があるため、お金に困っているという場合には司法書士を選ぶというケースも少なくありません。全てを一任することが出来る弁護士と違って書類の作成と提出を行なう司法書士は、依頼者が行なうことも多くなりますがそれだけ費用も抑えることが出来ます。弁護士に依頼する場合には30万円〜50万円程度の費用がかかるのに対し、司法書士に依頼する場合には20万円〜30万円程度が相場となっているのでかなりの費用節約をすることが出来ます。

Copyright© 2018 個人再生手続きは司法書士に相談!【借金で首が回らない場合】 All Rights Reserved.